奈良県無形文化遺産アーカイブ

弓手原のオコナイ

オコナイとは新年から春の初めにかけて、村の寺堂や神社で行われる、五穀豊穣を祈る行事である。国家の安寧と鎮護を祈願する修正会が民間に受容されたものと考えられている。行事の中心は、牛王宝印の護符を村人に授けることで、野迫川村弓手原にも享禄4年(1531)の牛王宝印の版木が残っている。12月30日から1月3日まで行われる弓手原のオコナイは大きな掛餅や造花による荘厳をはじめ、貝吹きや鬼踊り(裸踊り)など高野山麓のオコナイの姿を最もよく伝える正月行事である。

4件表示(総数1033件)